総合畳材料卸

不燃の畳床「燃えん之丞」

  • HOME »
  • 不燃の畳床「燃えん之丞」
様々な業界で話題沸騰の「燃えない発泡スチロール『カルック』」をフォーム材として利用した、従来では実現が難しかった不燃の畳床です。

畳が関係する火災の事例

1階で就寝中、焦げ臭いにおいで目覚めると天井が燃えており、2階部分が全焼した、と言った事例が神戸市消防局ホームページに掲載されています。
この火災の原因を調べると、なんと「40時間前に火をつけた線香」が原因であることがわかりました。

2階の仏壇に供えた線香が、何らかの理由で綿座布団の上に落ちたことで綿座布団を焦がし、さらには長時間をかけて畳を焼き抜いて、火が出ない状態のままで、床下の梁や柱までをも焼いたことで発生していました。

仏間は概ね畳部屋と考えられるため、難燃性の畳に敷きかえる事でこのような火災のリスクは大幅に軽減されると思われます。

このような場所にお勧めします!

木造2階建住宅の2階和室
仏壇を拝むとき以外、あまり上がらない仏間
お客様が寝泊まりする旅館、ホテル、民泊
料亭や居酒屋の和空間
高齢者、お身体の不自由な方がおられる住宅や施設
重要伝統的建造物地区などの文化的建造物
お寺の本堂や庫裏(くり)

燃えん之丞の優れた特性

JIS建材畳床の性能を確保しながら不燃です
ホルムアルデヒド放散等級区分は、4スター(F☆☆☆☆)です
通常のポリスチレンフォーム同様に軽量です
水、湿度に強く、カビ、ダニの発生を抑制します
耐熱性に優れています
リサイクル可能部材で構成されています

品質性能試験報告書

お知らせ、ご案内

  • セキスイ美草シリーズの防炎畳表(受注生産)との組み合わせで、より不燃性が高まります。
  • 現状、畳床の構成は「カルック」をフォーム材として使用するⅡ型、Ⅲ型をご提供できます。※Ⅰ型は鋭意開発中

燃えない発泡スチロール「カルック」の活用事例

難燃、軽量、断熱性を併せ持ち、自由な成形も可能な非常に汎用性のある素材です。そのため畳床以外にも様々な用途が考えられ、実際に次のような採用例があります。

  • 消防隊員ヘルメットのライナーとして
  • 従来の石膏ボードに替わる天井材(一般的なビルや、屋内プール施設などの特殊環境でも採用)
  • 壁材などの建築資材
  • 超豪華寝台列車の車両

 

PAGETOP
Copyright © 株式会社 大地屋 All Rights Reserved.